クレアチンはアミノ酸の一種で、エネルギー貯蔵物質でもあります。強度の高い運動を筋肉が行う時、クレアチンの持つエネルギーが使われます。
クレアチンを筋肉に補給すると筋力の発揮が容易になることから、筋力の持続時間が長くなる、筋肉が太くなりやすくなるといった効果があると言われています。

アスリートにとってクレアチンの最も重要な働きは、エネルギー供給の源であるATPの再合成を促進することです。このスピードが速いため、特に瞬発力の増強に効果があると言われ、ジャンプやスプリント競技などに有効と考えられます。

また、クレアチンは高齢者における低強度の筋力トレーニング効果を高めるという報告や、精神疲労を軽減するという報告もあります。

M&K エイムサプリメント ヴィクトリー(グルタミン・クレアチン)


▼関連情報

  1. 競技力向上に役立つ栄養は?
  2. ハムストリングスの肉離れを防ぐには?
  3. 中学生スプリンターが心がけるべきことは?
  4. アスリートの体力増強に必要な栄養は?
  5. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?