乳酸は、糖分が身体の中で分解されて生成します。
短距離競走などでの無酸素運動を行うと血液中に乳酸が蓄積し、血液のpHが酸性になります。その時にはじめて、自覚症状として痛みを感じるわけです。

以前は乳酸が生成されるプロセス、あるいは乳酸自身が放出する水素イオンによって筋肉内のpHが酸性になり、それが疲労蓄積の理由の一つといわれていました。しかし、最近の研究により、これは誤りで、むしろ疲労を回復させる物質と考えた方がいいと考えられるようになりました。

体内に蓄積された乳酸は肝臓でグルコースの再合成に利用されます。短距離走を行った後の休息時間に造られたグルコースは、血液循環によって各組織へ運ばれます。

この過程を、「乳酸回路」と呼びます。
無酸素運動を行っている時、乳酸が減少してグルコースに変換されるスピードを、乳酸の蓄積が上回る限界点があります。このプロセスが始まる点、すなわち血中の乳酸濃度が急速に増加を始める点を乳酸蓄積閾値と言います。
有酸素運動のトレーニングでは、この閾値を酸素供給の指標として利用し、運動強度の設定に利用することがあります。


▼関連情報

  1. 筋肉痛を速やかに緩和するには?