簡単に言うと、酸化よりも激しい反応のことを『過酸化』と言います。
活性酸素のなかでも、特に一重項酸素とヒドロキシルラジカルによる酸化は、通常体内で起こっている反応とは違う激しい反応です。

体内にある脂質が活性酸素によって攻撃されると、『過酸化脂質』という「身体のサビ」のようなものになります。いわば劣化した食用油を想像していただければいいでしょう。
これが実は、疲労や老化の原因。これを、『脂質過酸化』とよびます。激しい運動をすると同様の反応が起こり、疲労として体感されるわけです。

Mens 100m finals British Champs and Olympic Trials
Creative Commons License photo credit: Paul Foot

この脂質の過酸化の予防に最も効果的な成分が、アスタキサンチンです。
ビタミンCやポリフェノール類(ポリフェノールC)と一緒に摂ることで、アスタキサンチンの効果がさらに強化されます。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003ITJ7PY

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002COYFGM