成長期の発育は、非常に個人差が大きいものです。ここでは一般的に、中学・高校を対象に考えてみたいと思います。まず大切なことは、激しいトレーニング(特にウエイトトレーニング)をやりすぎないことです。身体にストレスを貯め、場合によっては故障の原因にもなり得るからです。

本格的に取り組むのは、成長期を過ぎてからで十分だと思います。朝原宣治さんも、「ウエイトトレーニングは25歳以降に重要になる」と話していました。

成長期ですので、「身長を伸ばす」という点からは、ストレッチを行う時間を長くとることと、ジョグを長めに行うと良いでしょう。もっとも大切なことは、個人個人の特性を見極め、楽しんでスポーツをすることだと思います。

栄養面からは、疲労の蓄積を予防することと、回復を早めることへの配慮が特に重要です。


▼関連情報

  1. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  2. シーズンインに向けての疲労対策は?
  3. 運動は身体にいいの?悪いの?
  4. 中学生(短距離)の筋力増強にサプリは必要?
  5. 充実した冬季トレーニングを送るためのポイントは?