「身長は遺伝的な要因が大きい」とよく言われますが、先天的なものは遺伝病を除くと実際は30%程度ほどであり、70%は後天的なものです。

その証拠に、30年前と現在とを比較すると、平均身長は中学生では約7㎝伸びています。これは明らかに生活スタイルと食事の変化によるものです。そんな短期間で、遺伝子は変わらないですものね(笑)

その証拠に、顔がそっくりな親子も、ティーンエイジャー世代とその親とでは、足の長さや全体のバランスが驚くほど違っているものです。