『高コレステロール血症』(脂質代謝異常)は、肝機能があまり強くないところが遺伝していると言われています。このケースの場合、薬に頼らずとも食事で解決する場合が多いです。

  1. 摂取エネルギー制限 → 標準体重1Kg当たり30kcal/日以下
  2. コレステロール制限 → 軽症:300mg/日以下、重症:200mg/日以下
  3. 脂肪摂取制限 → 総エネルギー比の25%以下
  4. 飽和脂肪酸の制限と多価不飽和脂肪酸の相対的増量 →  飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=1:1.5:1
  5. 食物繊維の増量 → 20g/日以下
  6. 抗酸化物質の摂取 → アスタキサンチン、ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノールなど

栄養学的には、上記の対策をトータルに行うことでコレステロール値が高くなることはないと思います。

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)
M&K&山形大学100%植物サプリ ポリフェノールC90粒入(米沢産ヒメウコギ・沖縄産秋ウコン・アセロラ)


▼関連情報

  1. アスタキサンチンで便通が改善?
  2. 試合後の食事のポイントは?
  3. あざの原因と予防は?
  4. 冷え・血行不良を改善するには?
  5. 肝臓の働きと代謝、スポーツ時の疲労対策