アスリートは普通の人に比べ、一般に腱を酷使します。したがって、加齢による関節痛が比較的早く現れがちですので、トラブルが生じる前の予防策が重要になってきます。

腱・靭帯には、ムコ多糖類が主成分として含まれています。その代表的なものが、コンドロイチンです。加齢や運動によって減少していきますので、サプリメントでの補給が有効です。

腱・靭帯の不調を感じたら、コンドロイチンとヒアルロン酸あるいはグルコサミンの併用がお勧めです。2週間以上経っても変化が感じられない場合は、カルシウムとビタミンDを併せて摂られた方がいいかもしれません。疲労の蓄積を防ぐアスタキサンチンを同時に摂ることで、炎症の予防にも役立ちます。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. シーズンインに向けての疲労対策は?
  2. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  3. アスタキサンチンをサプリで摂る意義って?
  4. 夏は、貧血になりやすい?
  5. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?