グリコーゲンは動物における貯蔵多糖として知られ、動物デンプンとも呼ばれます。
多数のブドウ糖分子が結合して生成されます。

運動する際のエネルギーとして極めて重要で、言わば自動車のガソリンにあたります。
ヒトは必要に応じてグリコーゲンを分解し、糖質を取り出すことができるので、グリコーゲンを肝臓や筋肉に蓄えておくことで、運動をする時のエネルギー源として活用できるという訳です。
主として、肝臓と筋肉でつくられます。