今日のセッションは、「カロテノイドと光合成」、「カロテノイドの医療への応用」、「カロテノイドの生合成と代謝」でした。

午前中に行われた「カロテノイドの医療への応用」では、米国のJohn W. Erdman Jr.博士による「トマトの赤色色素リコペンの働き」や、富田純史教授(九州共立大)の「カロテノイドと免疫」、西野輔翼教授(立命館大)の「カロテノイドとがん」などの発表に注目が集まりました。

早いもので、いよいよ明日は最終日です。