こんにちは。昨日から始まった「第15回カロテノイド国際シンポジウム」。ウェルカムパーティーには200名以上が集い、おおいに盛り上がりました。

本日の午前中は、伊藤允好先生(元神戸薬科大学学長)による「カロテノイドの合成に関する総論」と、国際カロテノイド学会次期会長であるカチーク教授より「ヒトの血中や組織中に存在するカロテノイドとその代謝」に関する講演が行われました。そしてさきほど、ICS表彰者(伊藤允好先生、Dr.Johannes von Lintig)が発表されました。授賞式は、25日です。

15時からはいよいよ、今大会注目の「アスタキサンチンシンポジウム」です。基調講演は、今大会議長を務める幹の「ASTAXANTHIN IS MY LOVE! - CONNECTION WITH THE PINK CAROTENOID OVER THIRTY YEARS -」。今最も注目されているアスタキサンチンの全てがわかる講演です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007XNXHSE

そのほかには、アスタキサンチンの眼精疲労改善効果や糖尿病、肥満、認知症との関係、美肌やメタボリックシンドロームに対する効果など、最新のトピックスが満載です。


▼関連情報

  1. 第15回カロテノイド国際シンポジウム3日目:カロテノイドとスポーツ栄養
  2. 「カロテノイド若手の会」に行ってきました