1月は駅伝の大会も多くニューイヤー駅伝から昨日の都道府県対抗男子駅伝まで、4つの駅伝が開催されました。
結果はご存じのとおりですが、私の感想を。

優勝チームは「不本意な走り」をする選手がほとんどいないこと、これが最も大切で、次にチームのエースが「そこそこ」走ること。
以前は各チームの力の差が大きく、絶対的なエースの力が必要でした。都道府県対抗女子駅伝の10kmなど、トップ選手は3分程度の差がありました。ところが、今では男子の13kmでも2分もありません。さすがに箱根はそうはいきませんが・・・

結局、エース以外の総合力で優勝が決まるケースが多いですね。ニューイヤーのコニカミノルタ(日清のゲディオン、中電の敦之君が活躍しても及ばない)、箱根駅伝の駒大(早稲田・東海でも及ばない)、都道府県女子の京都、男子の長野と脇役の好走が目立ちました。

時代は平均的な力を向上させる方向に行きそうですね。