ヒメウコギ葉の生理機能は?


ヒメウコギ葉は、ポリフェノールと食物繊維(特に水溶性食物繊維)を多量に含むほか、一般野菜よりもビタミンC、カルシウムを多く含みます。
また、遊離アミノ酸、中でもグルタミンやγ-アミノブチル酸(GABA)も多く含み、香りと風味に寄与しています。

これらの成分の相乗効果によって、「食後血糖値上昇抑制作用」「抗菌作用」「腸内環境改善作用」など、さまざまな生理機能・生物活性を発現しているものと考えられます。

(幹 渉)

タグ: , , , , ,

コメントは受け付けていません。