全日本実業団の反省&今シーズンを終えて


今シーズンは怪我の連続で、自分の思うように走ることが出来ない時期が長い間、続きました。
全日本実業団でも、万全のコンディションで挑むことが出来ませんでした。

結果も記録からみると散々ですが、スタートラインに立てたこと、まだまだ本調子ではありませんが、全力でようやく走ることが出来るようになったことが、私の中ではとても嬉しかったです。
走ってみて一番感じたことは全体的に馬力がない、動きが小さい、というところです。
基礎からもう一度、組み立て直したいと思います。

中学3年生の時から毎年全国大会の決勝には必ず残っていたのですが、今年はそれを達成することができませんでした。
1からやり直しです。
これからも頑張っていきますので応援よろしくお願いいたします。

最後に、応援してくださった方々、本当に嬉しかった! ありがとうございました。



:: 関連情報 ::

  1. 全日本実業団の反省

タグ: ,

コメント / トラックバック 1 件

  1. 齊藤 より:

    熊谷さん

    怪我に悩まされたシーズンでしたね。
    ポジティプに思考すれば、落ちるところまで落ちたわけですから、後は上って行くだけですよね。一般的には、そのような経験をすると、精神的に強くなると言われますが、熊谷さんの深層心理まで理解している訳ではありませんので、不適切なコメントであれば、ご容赦ください。

    私とすれば、M&K創立時からの言わば生え抜きの熊谷さんですから、是非とも捲土重来を期していただきたいと願っていますので、基礎からもう一度、組み立て直し、一から出直したいとの思い、大いに結構な事だと思います。あのパワフルなハードリングの復活を期待していますね。