ジャンプまでスピードを保つには?


ステップがまたぐ感じになり、膝だけあがり重心はあがりません。そのためステップとジャンプの距離が伸びません。よく「ステップに入って振り上げ足を上げている」といわれます。
やはりステップに入る前にふりあげ足の準備をすることは大切なのでしょうか? そしてどうしたら重心が上がりジャンプまでスピードをたもてるのでしょうか?

質問の内容を見ると、どうも踏み切りのタイミングがズレているように思えます。
ステップ・ジャンプは、空中から踏み切りを行うため、踏み切り脚の積極的な地面のキャッチ(先取り)、両腕、振り上げ脚の振り込みなどを行うことが大切になってくるわけです。これらの動きが上手く組み合わさると、スピードをなるべく落とさない跳躍が出来るわけですが、部分的な動作を意識してしまうと、動き全体のバランスが崩れてしまうことがあります。ですから、振り上げ脚の振り込み準備だけでなく、踏み切り脚の積極的な地面のキャッチなども意識するようにしてください。踏み切った後にできることは多くありません。

また、重心が上がらないような場合は、どうすれば弾む(重心が上がるか)のかを考える必要があります。踏み切り脚が身体重心に対してどの位置にあるのか、接地の際に軸がブレていないかなどをチェックしてみてはどうでしょうか。

最後になりますが、三段跳びの各踏切で一番重要なのはホップだと私は考えます。ここを跳躍角度を抑えて、前に跳びださないと、続くステップ・ジャンプにつながりません。まずはホップをどのように跳びだすか、それが大事ではないでしょうか。

(梶川洋平)



:: 関連情報 ::

  1. 織田記念陸上の結果
  2. 日本選手権、セカンドベストで2位でした!
  3. 後半シーズン全試合で16m以上跳ぶために
  4. リード脚をまっすぐにすれば、記録はのびる?
  5. 幅跳と三段跳の動作・フォームの違いは?

タグ: , , ,

コメントは受け付けていません。