いよいよ明日から、日本選手権!!


幹 渉(監督)

今年は5名の選手が出場します。
春から好調な梶川は、昨年から始めた助走が自分のものになりつつあります。昨年は残念ながら2位に終わりましたが、今年は優勝が期待できます。
堀江は最近ようやくメンタル面の弱さを克服しつつあり、400mの自分のレースを掴んだようです。熊谷は100mの走力がつき、あとはスタートダッシュだけ。これを克服すれば、飛躍できる可能性大です。
須田は、春からの状態が昨年と比べて順調に仕上がってきています。元々、この時期から調子が良くなる選手ですから、まずは3年連続の決勝進出を果たしてほしいと思います。
河原崎は、社会人となって春先は戸惑いもあったようですが、少しずつ慣れてきたようです。昨年の本大会は5位。さらに上位目指して頑張ってほしいと思います。
全員が、自己ベスト更新と上位入賞を目指して精進してきました。
アジア大会代表として日の丸をつけるべく頑張りますので、会場で、テレビの前で、ご声援のほどよろしくお願いします!

梶川洋平(三段跳決勝…4日)

M&Kのメンバーが出場する種目で、三段跳びが最初の決勝種目となります。
先週の土曜日に最終チェックを行った段階での状態は、正直に言って6~7割といったところ。筋の張りが少し強いようです。これがほぐれてくれば問題ない状態で、おそらく今シーズンで一番勢いのある跳躍ができるでしょう。
こわいのは当日ピットに立った時、落ち着きをなくして助走のリズムを無視してスタートからぶっ飛ばしてしまうこと。良いイメージと良いリズムで、全力の三段跳びをしたいと思います。

堀江真由(400m予選…4日、決勝…5日)

シーズン前のケガで練習が積めず春の大会はこなすことしかできませんでした。
しかし中部実業団で気持ちも動きも何かをつかむことができ、今は復調の兆しが見えてきました。
今は、52秒を出します!と断言できる状態ではありませんが、最大限の力を発揮して伸び伸び走ってきたいと思います。

熊谷史子(100mH予選…5日、準決勝・決勝…6日)

この1か月は、スタートから1台目のところを重点的に練習してきました。
踏み切りのところでどうしても腰が引けてしまっていたり、抜き足が遅れていたり・・・うまくいきませんでした。ここでいかにスピードを殺さずに跳べるかが、自分の中での勝負です。
スタートの部分は、去年よりは少し安定して走れるようになったと思います。その流れで、どんどん進んでいけるようなレースができればと思います。
これを記録につなげていけるように・・・頑張ります!!

須田紗織(100m予選…4日、準決勝・決勝…5日)

中部実業団が終わって、日本選手権まであっと言う間でした。日本選手権では、しっかり戦いたいです。課題は、周りを気にせず自分の走りをする事が一番の目標です!! 入賞できる様に頑張ります!

河原崎可央里(100m予選…4日、準決勝・決勝…5日)

今年の日本選手権はかなりレベルが高いと思います。だからといって気を抜かず、1本1本集中してリラックスした走りを心掛けたいと思います。緊張しすぎず、今の自分の力をすべて出し切れば記録や結果がついてくると思うので、自分らしく頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。



:: 関連情報 ::

  1. 中部実業団を振り返って&日本選手権に向けて
  2. 日本選手権の総括/幹 渉
  3. 織田記念陸上の結果
  4. 後半戦の課題と東海選手権の抱負/陸上競技部
  5. 全日本実業団の抱負/幹 渉

タグ: , , , , ,

コメントは受け付けていません。