始めたばかりでコツがつかめません


「ハードルを始めたばかり」ということで、まだ踏み切りの位置感覚や、跳んで走って・・・などのリズムがつかめていないのではないでしょうか?

1台目を勢いよく跳ぶには??

ハードルを跳ぶ練習も必要ですが、その前に、学校にあるミニハードルなどを使って、ハードルと同じ間隔に置いて、3歩で踏み切る練習をしてみるのもいいと思います。
本番へ向けて、スタートから1台目までの練習を徹底してやってみましょう!

1台目が怖くて全力でいけない

ハードルの踏み切りの時に「怖い」と感じるのなら、正規の高さより1段低くして、まずそこでしっかり踏み切れるようになることから始めてみてください。
それと、踏み切りの3歩前から、「踏み切るぞ!」とちょっと心の準備をしておくと、スタートしてから顔を上げたときに、前向きな気持ちで走れると思います。

近くで踏み切り、高く跳んでしまう

踏み切りの位置が近いなら、いつも踏み切っている場所から1足分後ろにマークを付けて、そこから踏み切るぞ!と、前向きな気持ちで、おもいっきり上体を突っ込んでいきましょう!!
1台目がしっかり跳べると、不思議なもので、2台目、3台目・・・もスムーズに走れてしまうものです。

1台目の克服、がんばってくださいね!!

(熊谷史子)



:: 関連情報 ::

  1. 振り出し足をすばやく下ろすには?
  2. 織田記念陸上の結果

タグ: , ,

コメント / トラックバック 2 件

  1. 朱里★ より:

    ありがとうございます★
    1台目を克服できるようにがんばります(●^o^●)

    • 熊谷史子 より:

      朱里★さん

      1台目が安定して跳べるようになれば、ハードルに対する怖さも半減します。
      まずは、1台目から!!

      注意する点としては、スタートしてから初めの3歩は、ハードルを見ないように(顔をあげないように)していきましょう。
      頑張ってくださいね!!