ハードリングを磨くには?


ハードリングを磨く為の練習、ということですが、いつも練習で行っているドリルを徹底してやるに限るのではないでしょうか?
やはり、何事も基本が出来ていなければいけないと思うので、その時その時でポイントを置いて、その日の練習で達成していくことで、どんどん上達していけると思います。

私が中学校・高校の時には、とにかく速く、正確に動けるように意識して練習していたかな?
「技術を磨けばもっと良くなる」と肥えた目を持っている先輩がいるのなら、ドリルの動きについて、どこが良くて、どこが修正可能か、アドバイスを貰うこともとても良いと思います!

男子と女子と、高さが違う事もあって、技術的な要素は若干違うとは思うのですが、私は高校時代、ハードルを使って、様々な動き作りを練習で行っていました。
後ろ向きでまたいでみたり、ジャンプしてみたり、くぐってみたり・・・。

それが直接ハードルを跳ぶ時にもつながっている!とは強く言えませんが、補強にもなりますし、いろんなバランスも良くなると思うので、良かったら試してみてください!!

(熊谷史子)



:: 関連情報 ::

  1. 織田記念陸上の結果

タグ: ,

コメントは受け付けていません。