追い込み期の疲労の抜き方/熊谷史子


パフォーマンスの向上のためにはしっかり追い込んだ練習を行うことも大切ですが、疲れた分、休養をとることも大切です!! 毎日練習で追い込めば、どんなアスリートでも疲労は蓄積してきます。
疲れた中ではどうしても、いい動きができなくなってしまいます。

だから、休養を入れて、疲労を回復させる必要があります!
疲労が蓄積すると、パフォーマンスの低下にもつながるし、故障の原因にもなってしまいます。
追い込んだ後に休養をとることで、体は回復して、よりよいパフォーマンスができるようになります!
「上手に追い込んで、上手に疲労を抜いていく!」ということが、パフォーマンス向上のためには大切だと思います!

休養とパフォーマンスの相関図

▲休養とパフォーマンスの相関図

自分の体調は、自分が一番よくわかるはずです。
「これ以上やったら故障してしまう・・・」など、自分自身の経験をもとに、追い込む時はしっかり追い込んで、休む時は休む!ということが出来るようになっていければ、いい練習ができると思います!

体調管理をしっかり出来るようになるということも、強い競技者になるためには必要な要素です。
自分の疲労感や好調のときの感覚に、敏感になっていけるといいですね!!

タグ: , ,

コメントは受け付けていません。