シーズンインに向けた体調管理/幹 渉


この時期、暖かい場所で合宿をする方も多いと思います。
目前に控えたシーズンインに向け質の高いトレーニングを行うための、体調管理のポイントについてお話したいと思います。

疲労対策

アスリートは、心肺機能を酷使します。食事の量も多いので、消化吸収のため、臓器もフル活用されます。これらの結果、一般の人よりも内臓に負荷がかかります。

疲れが蓄積すると、良いトレーニングができないばかりか、思わぬトラブルの誘因にもなりかねません。だるさや集中力の欠如、筋肉痛やコリ、張りなどを感じたら、内臓の疲弊とミネラル不足が疑われます。
食事は胃に優しいものをバランス良く摂り、身体をいたわりましょう。
アスタキサンチンで体内リズムの乱れを整え、睡眠の質と量を高めることも有効です。

太陽光対策も充分に行いましょう!

屋外トレーニングの際には、太陽光線に対するケアも必要です。
休憩のときは、日陰の風通しの良い場所で身体を休めましょう。
紫外線の量は正午頃に最大となり、気温は午後2時前後にピークとなります。
帽子やサングラスでできるだけ直射日光を遮るようにし、日焼け後のケア(シミ・ソバカス対策など)もしっかりと。

積極的に摂りたい栄養は?

栄養面では、水分とミネラルの補給が重要です。
これらは汗をかくことによって体外に放出されますので、意識して多めに摂りましょう。
新陳代謝と体調管理に役立つビタミン・ミネラル類や、疲労対策に役立つカロテノイド・ポリフェノール、筋肉の栄養源となるグルタミンやBCAAをサプリメントでプラスすると万全です。

なお、精神的なストレスも、疲れの一因となります。
ストレスを感じているときには特に、たんぱく質やアミノ酸をしっかり摂りましょう!!



:: 関連情報 ::

  1. 超回復と練習量は比例しますか?
  2. タウリンにはどんな働きがありますか?
  3. エイムサプリメント ヴィクトリー
  4. 『ヴィクトリー(グルタミン・クレアチン)』の働きは?
  5. 放射能による健康被害に対するアスタキサンチンの効用

タグ: , , , , , , , ,

コメントは受け付けていません。