跳躍種目にウエイトトレーニングは必要ですか?


ウエイトトレーニングは大事だと私は考えています。
跳躍種目は接地した一瞬に大きな力を出せるかが1つのポイントであり、それを養うための有効な手段がウエイトトレーニングだからです。

ですが、ただ筋肉が太くなれば大きな力を発揮できるようになる、と安易にウエイトトレーニングばかり行うのは、あまりお勧めしません。いくら大きな力を発揮できるようになっても、技術が伴っていなければあまり意味がないからです。

ウエイトトレーニングで筋肉をつけるよりも先に、スキップやバウンディング(ホッピング)、ハードルジャンプ、メディシンボール(砲丸)投げなどで、跳躍に必要な要素を養っていくことが重要だと私は考えます。

それらの動きがしっかり出来てから、徐々に練習に導入し、本格的にウエイトトレーニングを行うまでは身体の協調性を高める補強として、重さをうまくコントロールしながら、自重、反動を上手く使ったスクワット、クリーンなどを行ってみてはどうでしょうか。

(梶川 洋平)



:: 関連情報 ::

  1. 三段跳の冬季練習にウエイトトレーニングは入れるべき?
  2. リード脚をまっすぐにすれば、記録はのびる?
  3. ジャンプまでスピードを保つには?
  4. 三段跳で記録を伸ばすには/梶川洋平
  5. 幅跳と三段跳の動作・フォームの違いは?

タグ: , , , ,

コメントは受け付けていません。