コラーゲンペプチドとは?


コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するたんぱく質のひとつで、様々な結合組織に力学的な強度を与え、骨や軟骨、皮膚の弾力性や強度の維持に役立ちます。例えば、骨に衝撃がかかった際など、ヒビや骨折などを防ぐ働きがあります。

コラーゲンは、「コラーゲンペプチド」という形で、化粧品、医薬品、健康食品などに美容・保湿目的で用いられています。
コラーゲンペプリドは、コラーゲンを酵素処理で分解し低分子化したもので、コラーゲンよりも吸収しやすいメリットがあります。

原料には、ウシやブタなどの他、ヒラメ、サケ、スズキなどの魚類の皮や鱗などが多く用いられています。
最近は「狂牛病」(BSE)への懸念などから、いわゆるマリンコラーゲン(魚類を原料としたもの)の需要が高まっています。

(幹 渉)

タグ:

コメントは受け付けていません。