シーズン最後の東アジア大会で優勝!!


12月13日の東アジア大会で今シーズンが終了しました。結果は16m15cm(+1.0)で優勝しました。シーズン最後を国際大会で優勝という結果で終えることが出来ました。

16m15cmで優勝しました

16m15cmで優勝しました


 
日本で最終チェックを終えた段階から調子はまずまずで、現地に入ってから調整を行った段階で、走れば何も力を入れなくても身体はスイスイ前に進み、ドリルを行っても、自分がどのように動いているか、はっきり分かったので、調子は上向きだと感じました。
 
試合当日はアップ中から早く跳びたいという気持ちでいっぱいでした。今思うと、少し興奮しすぎていたように思います。それが「力み」という形で跳躍に表れてしまい、力任せの跳躍に終わってしまいました。助走の流れ、各踏切でのキャッチなど、技術的な問題もありましたが、もう少しメンタル面のコントロールが出来 ていたら…、と思います。
 
いくつか反省点はありますが、国際大会で優勝できたことはとても嬉しいです。また、この大会までに収穫できたテクニックは、今も身体に感覚が残っています。これらの大会で得たものを糧に、年明けからアジア大会目指して頑張りたいと思います。
 
応援ありがとうございました!!



:: 関連情報 ::

  1. 南部記念陸上の結果
  2. 2日目の結果&梶川・堀江・熊谷が優秀選手賞を受賞!!
  3. トワイライト・ゲームスの結果
  4. 関東地区強化研修合宿
  5. 三段跳合宿 イン 金沢星陵大

タグ: ,

コメントは受け付けていません。