パイロットの仕事は?


パイロットの役割は、コースの特徴を覚えて操縦することです。
また、スタートのソリを出す最初の加速は2人で一緒に行います。
先にパイロットが乗り、後でブレーカーが乗ります。
滑走前のパイロットの人はみんな、操縦のイメージトレーニングをしています。目をつぶりながらハンドルの操作をしている光景は、まるで指揮者のようです。初めて見る人には、不思議な光景に見えるかもしれません。
ほかに、レース前のソリの微調整や、メンテナンスの繊細な部分の仕事は、パイロットがやります。

(熊谷史子)



:: 関連情報 ::

  1. 織田記念陸上の結果
  2. バンクーバーにて

タグ: ,

コメントは受け付けていません。