うまく踏切れないのですが…


うまく踏切れない原因は、助走が安定していないことではないでしょうか。助走を安定させるには、最初の6歩を安定させる必要があります。助走のスタートでは、上体が突っ込みすぎてしまう、力んでしまう、急いでスタートしてしまうなどが原因で、ストライド、ピッチが一番不安定になる局面です。ここが安定してく れば、スタートから踏切までの再現性が高くなるので、動作の修正も行いやすくなります。

スタートから踏切へは、徐々にテンポが上がっていきます。6歩目の位置にマークを置き、自分で自然に助走のテンポが上げても、マークの位置に脚が着くように練習してみてください。それと同時に±30~50cmの位置にもマークを置き、自分でストライドが広がったときのほうが、少しピッチが高いときのほうが良い感覚 なのかを比べると良いのではないかと思います。

(梶川 洋平)

タグ: ,

コメントは受け付けていません。