ホップで潰れてしまうのですが?


ホップで潰れる原因はいくつかありますが、一番多く見られるのは地面をキャッチする際、膝が曲がったままでキャッチしていることです。膝の屈伸を使った跳躍は、助走スピードが速くなればなるほど不利になります。脚の動きに関して言えば、初心者の多くが砂場の砂をスコップで掘り起こすような動きで、脚をつっぱ るだけで、結果としてスピードを生かせない、潰れることが多くなります。

ではどうすれば潰れないようになるのか?馬の脚さばきを真似てみてください。彼らの動きを見ていると、上から下にアクセントをつけていることがわかるかと思います。ホップの動作もあれと同じで、脚を上から下に振り下ろすことで、膝下が伸び、反対の振り込み脚も連動して挟み込むような動きをするので、ホップで 潰れず、スピードを生かした跳躍が行えます。

この動きを行うには、膝下がリラックスしていることが重要になります。その感覚を養うには、片脚立ちになり、ホップ脚の膝を、おへその辺りまで上げ、両手でハムストリングを抱きかかえてみてください。その状態で脚の力を抜き、膝下を前後にブラブラと振り、リラックスできていることが分かったら、そのまま手を 離してみてください。そうすると、脚の重みで自然と脚が振り下ろされ、膝下が伸びます。この動きを何度も行い、リラックスと振り下ろす感覚が出てきたら、今度は腕の動きと連動させながら行ってみてください。それが出来るようになったら、スキップ、軽いバウンディング、そして跳躍と繋げてみてください。

(梶川 洋平)

タグ: ,

コメントは受け付けていません。