陸連の跳躍合宿に参加してきました


3月12日から16日までの5日間、陸連の跳躍合宿に参加してきました。
この合宿は技術測定がメインで、下記の流れで練習を行ってきました。

12日 JISSへ移動。明日の測定のために軽く動く
13日 AM 跳躍測定(7歩助走) PM ウエイトトレーニング
14日 AM ドリル(バウンディング) PM ドリル(加速、スタートドリル)
15日 AM 助走測定 PM プールで泳ぐ(アクティブレスト)
16日 AM 助走練習

跳躍測定では、跳躍した直後に映像を見ることができ、更に助走速度、踏切前のストライドなどが、助走測定では速度と最高速度が出現した位置、助走の流れを即座に見ることができます。このデータを基に現状を把握し、動きを調整、再度測定して動きがどうなったかをチェックします。

で、今回測定した感想ですが、「まだまだ」といったところ。助走、跳躍ともにイメージと実際の動きが噛み合わず、動きを調整していかないといけないようです。
ただ、シーズンに向けての課題が見えてきたこと、同級生の志鎌くん(阿見AC)に教えてもらった助走のイメージが良い感覚を出してくれそうなので、これからの練習が少し楽しみになりました。

シーズン間近ですが、焦らずじっくりと自分の跳躍を見つけたいと思います。

タグ: ,

コメントは受け付けていません。