食用色素と健康シンポジウム


12月13日に、日本女子大学(東京都文京区)で開催された「グュエン・ヴァン・チュエン先生追悼シンポジウム-食用色素と健康」(日本栄養・食糧学会関東支部主催)が行われ、幹は「カロテノイドの生理機能と活性酸素」について講演致しました。
当日の内容は、「健康食品新聞-Health Food Journal」(株式会社食品化学新聞社)の12/17号5面に詳しく掲載されています。

グュエン・ヴァン・チュエン氏追悼シンポジウム(PDFファイル)

※この記事は、株式会社食品化学新聞社の許諾を得て転載しています。



:: 関連情報 ::

  1. 「健康食品新聞-Health Food Journal」-08/7/2号
  2. 講演「効果的なサプリメントの摂取法」10/16仙台
  3. 「健康食品新聞-Health Food Journal」-08/3/19号
  4. 「健康食品新聞-Health Food Journal」-07/12/5号
  5. 「健康食品新聞-Health Food Journal」-08/4/16号

タグ: , ,

コメント / トラックバック 2 件

  1. 卒業生 より:

    グュエン先生の追悼シンポジウムがあったとは存じませんでした。
    ぜひ拝聴したかったです。とても残念です。
    この場をお借りして、参加させていただきました。
    ありがとうございます。

    • admin より:

      卒業生さん

      ご丁寧なコメントをありがとうございました。
      グュエン先生の追悼シンポジウムは、幅広い内容で聴きごたえがありました。