「M&K陸上競技部」設立記者会見を開催


M&K陸上競技部

M&K陸上競技部


株式会社M&Kは、企業理念「
アスリートとともに」の一環として、素質のある若手アスリートが陸上競技に打ち込める環境を整え、世界の舞台を目指すストーリーの創造を目的とする「M&K陸上競技部」を設立し、本日、東京都内において記者会見を行いました。

創部メンバーは、若手アスリート2名。
昨年の実業団・学生対校の男子三段跳を16m03の記録で制した梶川洋平と、日本選手権女子100mハードルで13秒53の自己記録をマークして2位入賞を果たした熊谷史子です。

M&Kは、実業団に所属できないアスリートのマネジメントやコンサルティングを行うことにより、「陸上競技界への貢献」を果たして行きたいと考えています。

幹 渉陸上競技部監督(M&K代表取締役社長)、梶川洋平選手、熊谷史子選手、川本和久コーチ(福島大学教授)

梶川洋平(男子三段跳)

梶川洋平
(男子三段跳)


1983年11月8日神奈川県生まれ

出身校 神奈川県立都岡高校~法政大学経済学部

自己ベスト 16m45/2005年東アジア大会(2005.11.4 マカオ)

2007年の戦績 全日本実業団 3位/日本ランキング 6位

2008年の抱負
・16m60以上のジャンプ
・スプリント能力の向上

熊谷史子(女子100mハードル)

熊谷史子
(女子100mハードル)


1984年11月18日福井県生まれ

出身校 福井県立敦賀高校~福島大学教育学部

自己ベスト 13秒53/2007年日本選手権(2007.6.30 長居)

2007年の戦績 日本選手権 2位/全日本実業団 3位

2008年の抱負 
・13秒3を切る
・走力とハードル技術の向上



:: 関連情報 ::

  1. 梶川、熊谷ともに今季ベストで「南部記念」3位
  2. アルテンベルグは棄権
  3. 課題は「助走の流れをしっかり作ること」
  4. 全日本実業団、男女総合は432チーム中20位
  5. 沖縄合宿&来年の抱負

タグ: , , ,

コメントは受け付けていません。