活性酸素は身体に悪い?


『悪玉酸素』などと呼ばれ、悪い面ばかりが取りざたされていますが、我々の体内に入ってくる細菌やウイルスなどを攻撃する良い働きもあります。

激しい運動をすると体うちで発生する活性酸素のパーセンテージが上昇しますが、運動によって鍛えられたアスリートの身体は、活性酸素に対する抵抗力も向上し、バランスが取れています。

(幹渉)

タグ: ,

コメントは受け付けていません。